福井大学工学部附属
超低温物性実験施設
 
液体ヘリウムの汲み出しについて(その1:申込方法)

最新のお知らせはトップページをご覧ください。

液体ヘリウムの申込手順について


  1.  この申込方法は、ヘリウムの取り合いとなる状況を避けるとともに、潜在的な希望量を把握することで、液化機更新へ向けた資料とすることを意図して取り決めたものです。ご協力をお願いいたします。


申込の流れ


【重要】

  1. 急にキャンセルが生じた場合  まず超低温物性実験施設の液化担当職員にお知らせ下さい。他に使いたい人がいるかもしれませんので、保安係員にもお知らせ下さい。誰もいない場合は、書き置きなどに変更点と連絡先を明記しておき、あらためてお知らせ下さい。

  2. 予定表の決定後、追加で液化ヘリウムを汲み出したい場合  液化担当職員にご相談下さい。原則として3日前までにお願いします。


その他

  1. 箇条書き項目 急な変更の場合、可能な限り対応しますが、ご希望に添えない場合もありますのでご了承下さい。

  2. 箇条書き項目 新しいベッセルを購入された際は必ずご連絡下さい。

  3. 箇条書き項目 液化機の不調などによって、予定外に液化を中止せざるを得ない場合があります。

  4. 箇条書き項目 年間計画をいただいている場合でも、変更の場合はお早めにお知らせ下さい。

  5. 箇条書き項目 供給を受けた容器を返却する日を明らかにして下さい。次回充てんする予定が決まっていることがあり、返却されないと次の供給ができません。


ご考慮いただきたいこと

  1. 箇条書き項目 液化機の運転には、大きな電力や液体窒素および多大な手間がかかります。また学内にあるヘリウムガス量は回収可能な最大量ぎりぎりで回っています。

  2. 箇条書き項目 液化機の運転は非常勤職員も含めた体制によって成り立っており、液化時間が限られています。

 

以上、ご協力をよろしくお願いいたします。

(2007.6 藤井 裕)

 

液体ヘリウム汲み出し希望表の書式(エクセルファイル)

  1.    2019年8月分 2019年9月分 2019年10月分 2019年11月分 2019年12月分

  2.  記入した書式は、前月18日ごろまでにお早めに電子メールにて、超低温物性実験施設の担当者宛(teiken(ここをアットマークに)fir.u-fukui.ac.jp)にお送りください。


今月の液体ヘリウム申込状況・充てん作業状況

 こちらで確認できます。>スケジュールの確認

Previous (Liq-N2(2))          Up (Users Info)        Next (Liq-He(2))